読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続き

前回の馴れ初めを書いてだいぶ時間が経ってしまった。今日でandymoriが解散して1週間。武道館のセットリストでプレイリストを作って今までにないくらいandymoriを聞いている。

 

1曲目はベンガルトラとウイスキー。この曲知ってる、高校時代死ぬほど聞いたアルバムに入ってる曲だ。メンバーがステージに入ってきたことにも気づかなかったし、照明はついたまま。正直リハなのかとも思ってしまうくらい突然に始まった。4年ぶりのandymori、やっぱり一生懸命歌ってる。

 

初めての武道館。高くて広い天井、立ち見、ステージサイド席までもある武道館全体を使った座席構成。ライブ中、綺麗に響くスネアの音を聞いて「武道館でライブするって気持ちいいんだろうな」という雑念さえあった。それくらい何回も天井を見上げて自分がandymoriの武道館解散ライブにいるということを確認していた。

 

4年前の自分は多分なにも考えずにandymoriを聞いていたんだろうなと思った。音楽を聴くことは好きだ。でも一生懸命歌詞を理解して聞くようなタイプではなかった。ただのBGMに過ぎない部分も多々ある、それはもちろん今も。この「解散ライブ」という独特の中で聞くライブは初めてではないが、「しっかり聞かなきゃ見なきゃ」と自分に言い聞かせていたし、会場全体からもそんな雰囲気が伝わってきた。だからたくさん小山田壮平の言葉を聞こうとした。こんなに歌声を、言葉を、ちゃんと聞こうとしたライブは人生で初めてだったかもしれない。andymoriのライブははやい。それは悪い意味ではなく、飽きる前に曲が終わっているという印象だった。語彙力がないからとても悪い意味に聞こえてしまうかもしれないけど、本当にいい意味で捉えている。小山田壮平は観客ひとりひとりに語りかけるように歌う。歌というより話を聞いているような感覚だ。話は長いからいい話というわけじゃないし、歌も同じだと思う。そこが小山田壮平の作る歌の好きなところでもあると改めて思った。

 

本編終盤のクラブナイト。大きなミラーボールがキラキラ光って武道館全体を照らした。わたしはライブ中のふとした瞬間に天井を見るのが好きだ。今までで一番きれいな天井を見た気がした。

  

そしてアンコール。まだわたしの大好きな曲たちをやっていない。ものすごく期待した。そしてアンコール1曲は1984だった。この曲はわたしにとってはじまりの曲だと思う。初めて自分で買ったandymoriのアルバム1曲目。友達に紹介された曲とは違う印象で、あの頃のわたしからすればすぐシャッフルして次の曲に行ってしまうようなはじまりの曲だった。だから正直泣くとは思っていなかった。この曲が始まった瞬間、何かが解放されたかみたいに涙が溢れた、止まらなかった。特に思い入れがあるわけじゃないし、むしろシャッフルしてしまう曲に分類されるのに。でもひさしぶりに聞いたこの曲はとても優しくてあたたかかった。この解散ライブを見に来た理由は、久しぶりに昔好きだったバンドが解散するから最後に見てみたかったという、andymoriが大好きなファンの方が知ったら一発殴られそうなものだ。でも本当に心の底から見に来てよかったと思った。

 

 

わたしが大好きな曲とはユートピアと革命とPeaceのこと。何回も繰り返す歌詞、何度も心に刻んだようにたくさん拳を上げた。今流行りのバンドは意味もなく歌詞を繰り返す、だなんて誰かが言っていたけど、たくさん思いがこもった力強い言葉を何回も繰り返すってすごく心に響くんだなと思った。

 

 

andymoriが解散する理由は、このバンドでできることやりたいことがもうない…みたいなものだったような気がするけど、これが本当の最後だって思ったら、小山田壮平の言葉は間違ってなかった。小山田壮平は何回もファンを裏切るような行為をしていたけど、この武道館ライブはプレミアチケットになるくらいだったし、座席を増やしたり、スペシャでは完全生放送のネット配信をしたり、多くの人が彼らを求めていたし、結成して7年たくさんの人が彼らについてきた。今まで全く彼らの言葉を聞いていなかった自分に後悔した。世界の人全てに彼の言葉が理解、伝わるわけではないけど、わたしはこの解散ライブで完全にファンになった。正確にはファンに「出戻った」。もっと正確に言えば、「小山田壮平のファンになった」。

 

andymoriが解散しても3人は音楽を続けるはずだし、すでに小山田壮平はソロでイベントに出演すると発表されていた気がする。また見たい。andymoriはもう見れない。だけどまたこの3人の音楽活動を見たいと思った。

 

 

1週間かけてこのブログを書いた。文章力もなくてただの自己満足に過ぎないけど、この思いを胸にとどめていくことが辛かった。それにこの思いを忘れたくなかった。たのしかったよ、本当に。ありがとうandymori

 

 

f:id:sasakii88:20141022175317j:plain
 
 
 
 
f:id:sasakii88:20141022175331j:plain

andymoriというバンド


昨日ほどここにいてよかったと思ったライブは今までになかったと思う。

andymoriというバンドを知ったのは高校時代の軽音楽部で仲良くなった友達のおかげだった。


15歳でバンドというものにどハマりし、高校生になってからは毎月ロッキンオンジャパンを購読し、見事に絵に描いたようなクソロキノン厨だった高2の冬。


友達に教えてもらったスペシャ列伝ジャパンツアー2010。今思えばあのツアーのラインナップほど気持ちが高まったイベントはないような気がする。


今ではだいぶご無沙汰なバンドが多いが、そこにandymoriがいた。友達に借りた「andymori」というアルバム。訳もわからず1曲目のFOLLOW MEでのめり込んだ。なんだこの勢いは、なんでこんなに必死に歌ってるんだ、そのまますぐに2ndアルバム「ファンファーレと熱狂」を予約しに行ったのを覚えている。


ジャパンツアーはその時すでにソールドアウトでもちろん行けなかったけどそのレポートをたくさん何回も読んだ。


高校からドラムをはじめたけど絶対わたしには叩けない、叩きたくないと何回も思った。だって顔はよく見えないけどとても辛そう。ベースだけが涼しい顔をして演奏している。でも辛そうだけどかっこいい、それがandymoriというバンドの印象だった。


だけどその頃のわたしにはandymori以上に好きなバンドがたくさんあって、ライブに行き始めたのはまだ間もなかったからandymoriのライブに行きたいなんて思いもしなかったし、だいたい大好きなバンドでも音源で満足していたからライブのために遠征なんてすることもなく、ライブに行くということは高校時代のわたしからしたら年に数回のビッグイベントだった。


高3の夏、そのビッグイベントのひとつであるロックインジャパン。指定校推薦のくせに受験生という肩書きのせいで行くのを諦めた。だけど夏フェスに行かない夏に耐えきれなくて親に内緒で地元のフェスに行った。

今思い出してもあの時の「内緒の夏フェス」にはわくわくする。塾に自習に行くと言って、普通に考えて自習室も空いてないだろっていう早朝にお弁当を持って制服で家を出て、宇都宮駅でTシャツに着替える。お昼ご飯はお金もないので母が作ってくれたお弁当のおにぎり。帰りも宇都宮駅で制服に着替えて今日も1日たくさん勉強してきたよと装って帰宅。このことをいつ親に明かそうか未だに悩んでいるくらいだ。


地元のベリテンフェスティバル2010、こんなに素敵なバンド達を栃木に呼んだラジオベリーにとても感謝した。


たしかオープニングアクトのすぐの演奏だったと思う。はじめてのandymori。他のバンドとは違う変わったドラムの位置。リハの時点でわくわくが爆発しそう。セトリなんか全然覚えてない。でも聴きたい曲がたくさん聴けて、グロリアス軽トラの「栃木の空の下」を聴けたはず。


その1ヶ月後くらい、わたしの大好きなドラマーが脱退を発表した。大好きなバンドマンがバンドを離れること、音楽性の違いだのなんだのメンバーとの仲だのいろいろ理由は考えられるけどそんなこと知らない。もちろん小山田壮平に惚れたことも理由のひとつ。だけどなにより好きだったのは後藤さんのドラムだったはず。何か語りかけてくるように歌う小山田壮平を邪魔するような強烈なドラムプレイ。でもその強烈なドラムに負けない、感化されるようにして歌う小山田壮平も大好きだった。


ドラムが変わって何が変わってしまうんだろう、期待もあったが少し萎えてしまったのも本音だった。ドラムが変わって初めてandymoriを見たのが年末のカウントダウンジャパンだった。初めての年越しフェス、確か年が明けて眠さをこらえて見たandymori。ドラムが変わってこんなにも変わるのか。いい意味で丸くなったような気がした。


「革命」というアルバム。今は大好きな1枚。かっこいい音が好き、かっこいいドラムが好き、なわたしにはとても物足りなくてそれっきりandymoriを聴く回数がだんだんと減ってきた。


わたしは大学生になり、軽音楽部に入った。周りの友達に音楽の趣味の合う人は少なく、先輩たちは洋楽至上主義。大学で音楽好きな友達を作ってライブ、フェスに行きまくる、というわたしの夢はすぐ散った。先輩たちの影響を受けて洋楽も聴くようになった。「andymori」というバンドは「高校時代によく聞いていたバンド」という分類になった。

その1年後、大学2年になった部活の定期ライブ。そこにandymoriのコピーバンドがあった。先輩がandymoriのために買ったというリッケンバッカーの前で久しぶりに聞いた。やっぱり見てしまうのがドラムだった。先輩は上手いし、いつ見てもスマート。でもわたしのすきなandymoriじゃねーなー。それからまた聴くようになった。もちろん1st、2ndアルバム。小山田壮平の声は心地よかったけど歌詞なんてそんなもの全く気にしてなかった。わたしの集中はドラムだった。



その年の秋、小山田壮平は脱法ハーブ騒動を起こした。



脱法ハーブなんてよく知らない。でもいいことではないことくらいわかる。いい音楽を作る人がいい人とは限らない。それも分かっているはずだった。小山田壮平に期待をしていたわけじゃないし、わたしの理想を彼に当てはめていたこともない。でもこのハーブ騒動で私の中で一気に「薬中の歌うバンド」になった。


幻滅した。信じられなかった。高校時代、「ロックとパンクは何をやっても許される」が口癖の友人がいた。だからなんだ、許されねーよ。



そのあとは早かった。解散が発表されたけど興味は湧かず、そうなんだ、くらいしか思わなかった。そして小山田壮平の飛び降り事件。何をしているんだ小山田壮平。悲しくなった。


そして今年2014年。リハビリで完治したはず。やっと解散ライブの年になる。


わたしはドラムの脱退、ハーブ騒動、飛び降り事件を経てandymoriに幻滅していた。今年の春にイベントで見たKidori Kidori。ベースが脱退してサポートメンバーによる演奏。そこにいたのはandymoriの藤原さん。「どうせ、andymoriが解散したらきどりのベーシストになるんだろうな」と思った。その時久しぶりにandymoriのことを思い出した。


わたしの周りにはandymoriが大好きな友人たちがいる。もちろん大阪の野外音楽堂のライブに行っていたし、解散前に見れてよかったねと思った。野外音楽堂のライブのレポートを読んだ。革命以降のアルバムは知らない、だから知らない曲も多い、でもこれでこのバンドは解散してしまう。そう考えた時、最後に一度見たかったと思った、ただのミーハーだった。


SLSのライブが最後の日、それさえも知らなかった。武道館での解散ライブがアナウンスされた日、andymoriの解散をこの目で見ようと思った。


チケットを手に入れた。友達に協力してもらった。座席は全席指定、アリーナだった。初めての武道館。今まで何回も武道館に行くチャンスはあった。こうしてandymoriの解散ライブが初めての武道館になるのは何かの縁かなとちょっと思った。ただの偶然なのに勝手に自分の中で感動ストーリーを作り上げていた。それくらい楽しみだった。


10月15日は忘れられない日になるだろう。前日から楽しみで仕方なかった。天気は雨、とても寒い。お気に入りのコートで武道館に向かう。九段下の駅に着くと偶然に部活の後輩に会った。これまたびっくり。


武道館に着いた。アリーナ入り口は関係者入り口と近く、ちらっと覗いてみるとthe telephonesの面々、挙動不審な動き、どこかで見たことあるなと思ったらオウガの出戸くん。みんな見に来ていた。


アリーナ24列28番。ちょうど真ん中あたり。真上を見てみれば日本の国旗。武道館だなあとしみじみ思った。





(続く)