NP

ジャニオタの今年反省したいこと

① NEVERLAND不在票事件

今年のNEWSのツアーもめちゃくちゃ楽しくて、今まで見てきた中で世界観と楽曲がわたしの中でかなりマッチして多幸感しかなかったコンサートだった。タイトル通り、「不在票事件」。今年もぼちぼちチケットが当選し、各位にチケットが届くことをお知らせして到着の連絡を待っていたわたしでした。同じくジャニオタの友人から「届いたよ」と早々に連絡が来る中、大学の友人(非オタ)からの連絡は一向になし。卒業式の準備や引越しで忙しいのかな?と思いながらも連絡を待ったけど、発送日から1週間以上経っても連絡が来ず、「流石に…」と思い催促の連絡を送るがその返事に信じられない言葉が。

 

『郵便局で保管する期限が切れて差出人に返送されてた』

 

リアルに泣いた。本当に泣いた、悔しくて。後日コン事務から窓口で当日引き換えのお知らせメールが来ました。ああ、わたしの札幌初日のチケットさようなら。あの時、飛行機のチケットとホテルを予約しておかなくて良かったと心底思った。一瞬、その友人に身分証を借りてチケットを受け取ることも考えたんだけど、札幌まで行ってそんな高リスクを背負いたくないなと思ってそれは秒で諦めた。怒り通り越して悔しさ。もうネタにしてる。このことはその友人には言ってないし、言えないし、結局そのチケットがどうなったか有人は知らないと思う。

 

◎改善点 → 発送日あるいは到着するであろう日をしっかり伝える。不在票の有無の確認。

 

② 大阪遠征事件

ジャニーズJr祭り大阪公演の話。今まで遠征は学生のうちにもそれなりにこなして来たつもり、それなりに。社会人になって初めての長期休み。お金もないし、いつも通り夜行バスで大阪に向かう。仕事終わりにジャニオタに会ってお見送りしてもらっていざ大阪へ。そう言えば、この夜行バス代GWにしてはめちゃくちゃ安くて、乗る直前になって不安に思いメールを確認したら子供料金だったんだよね。まあ、乗れないことはないだろうと思ったけど一応窓口で確認したら「そのままだと乗れませんよ」と。追加料金を払って無事に乗車できたんだけど、これが出発10分前の話。そして乗車していつもわたしはすぐ寝ちゃうので、気づいたら午前3時半。もう愛知県は過ぎたかな?と思ってGoogleマップを見たらめちゃくちゃ静岡。しかも静岡の序章あたり。この時もう察した、朝公演無理かもしれない。日が出て来たあたりでツイッター見たら同じ状況の人が結構居て、わたしもだよ〜〜!って呟いたら、同担からLINEが来た。同担の方がわたしよりも早く出発したのに、ルートが違うからわたしの方が早く着くかもしれない。だけど結局2人とも間に合わないんだな〜。途中京都で降りて新幹線乗って城ホールまで向かう作戦も考えたんだけど、それでも無理だった。12時京都着。この時点でチケットが無駄になりました。悲しい。夜公演前に同じく東京からきたオタクに会って「なんで新幹線で来ないの?」って言われたけど、本当にその通りです。この時点でめちゃくちゃ疲れてた、特に心が。でも夜公演のむちゅ恋でらんれおフィーバーがあったからもう許したし、久しぶりに見た晴晴がとても良いDKに成長していたからこれだけで来た意味があった、ありがとうらんれお晴晴。

 

◎改善点 → もう大人なので遠征は新幹線または飛行機。交通費にお金をかける。

 

③ 空港に行けない事件

ジャニーズJr祭りから1ヶ月後。6月はNEVERLANDしに広島へ。友達が市内まで車を出してくれたおかげでめちゃくちゃ楽できました、本当にいつもありがとう。元安川沿いのテラスのカフェで優雅にモーニングとかも食べてコンサートへ。影山くんとはるきが可愛くて可愛くて。メンバーが近くに来ても全く見てくれない、遠いところにいる他のメンバーを見ている人がいるっていうMCをしてて「ごめんごめん」って思いながらも、トロッコでメンバーが近くに来たのにアリーナにいるJrをガン見してたのが思い出。早く映像みたいよ〜。可愛すぎるD.T.Fが映像に残りますように。そして公演終わり、友達は夜公演へ、わたしは明日仕事なので18時くらいの飛行機で東京に戻る予定だった。空港行きのバスに乗るために広島駅へ向かう。この時もバスで向かいたかったんだけど、迷って結局タクシーで広島駅に。そしてこの時も察した、間に合わない、絶対飛行機間に合わない。バス乗り場めちゃくちゃ人いる。めちゃくちゃカープファンいる。後々調べると、その日はマツダスタジアムでセパ交流戦だったらしく(カープさん勝利)、空港行きのバス乗り場は赤い人だらけ。この時、明日の仕事が頭をよぎる。選択肢は2つ。1つ目は「飛行機に間に合うかわからないが、とりあえず空港に行く。乗れなかった時はその時考える」2つ目は「新幹線で東京に帰る」。わたしは大阪遠征事件のことも踏まえて、バス恐怖症になっていた。だから勿論、新幹線で帰ることを決めたわたしは4時間の旅。去年も羽田空港大韓航空機のエンジン出火で滑走路封鎖になって、急遽岡山まで新幹線でこちらも4時間かけて向かったことがあって、もう神戸より西は新幹線には乗らないって決めてたのに。でも次の日無事に仕事に行けました。だけどわたしの財布から2万円がいなくなった。これがかなり痛い出費になって、7月末に入った半年分の交通費がこれでなくなった。

 

◎改善点 → 余裕を持った計画を立てる。遠征地のイベントも把握しておく。

 

 

でも、こんなに色々と失敗してるけど、9月の魔女宅遠征は我ながら素晴らしかったと思ってる。往復新幹線のチケットとホテルをまとめて予約するとめちゃくちゃお得に遠征できるってことを学んだ。この情報を若手ピアニストの追っかけをしている叔母にも伝えたら、早速年明けの滋賀でのコンサートをこれで予約してた。

 

 

 

来年の目標はしっかり交通費にお金をかけられるオタクになることと、連絡をこまめにとることです。

 

 

f:id:sasakii88:20171214120458j:plain